ページ内移動リンク

今月のTHE BEAUTREC2021年7月号

「THE BEAUTREC」2021年7月号




Men's Beauty & Health Care 男性更年期

目次

  • ■「うつ」や「加齢のせい」ではない
    男性更年期障害「LOH症候群」を正しく知ろう

    順天堂大学大学院医学研究科泌尿器科外科
    堀江重郎 教授

  • ■Message「不調を経験して伝えたいこと」

    テリー伊藤

  • ■Website
    「テストステロン情報サイトDANTESが登場」

    夕刊フジ代表兼編集局長 佐々木浩二

  • ■男性美容研究家 藤村岳×
    『MEN'S EX』美容担当編集
    男性更年期世代のヘルスリテラシー
  • ■森田敦子さんに聞く
    男性更年期で知っておきたいハーブ
  • ■NEWS HOT NEWS
  • ■植物の知恵と力を生活に vol.10 -最終回-

    植物療法士 森田敦子

  • ■QOLの向上が大人世代を豊かにする事例
  • ■サロンのエイジングメニューは未病予防

    男のエステ ダンディハウス、SPA TOKIONE、
    髮剪處

  • ■クリニックとコラボレーション
    SUNVALLEYがエイジングと向き合う
    新たな挑戦
  • ■顔年齢を底上げする「ヒゲ」&「眉」

    THE BARBER、AZURA用賀

  • ■滝川晃一氏のお別れの会 しめやかに催される
  • ■BEAUTY concierge(#80)

    “濡れパン”デザインツール
    「レンツアイロン」が可能にする
    スタイルコントロール

購読申し込みをする購読申し込みをする


Editor's Note

体調管理が最優先されるいま、本紙では「男性更年期」について特集をしました。男性更年期を語るうえで欠かせないホルモンが「テストステロン」ですが、正しい理解が広まっていないのが現状です。特集を読まれた方の中には、ご自身のサロンでの取り組みが男性更年期の不調の予防になっているのでは、と感じられた方もいるかもしれません。男性更年期をケアするサービスは市場にはまだ多くはありません。コロナ禍で美容サロンの役割がヘルスケア分野にも及ぶいま、理解を深め準備を進めたいものです。

PAGE TOP

Dryness

肌の質感にハイライトを立たせるライティングで全体のイメージにフレッシュ感を加えました。

Hair
Hair
地毛にアイロンを使い、逆毛を立てて、ドライなモヒカンをイメージしました。質感にもこだわり、パウダーで仕上げました。
Make-up
Make-up
アイメイクは、シアーなアースカラーでドライプラントを活かしました。ヴィヴィットなオレンジリップで、ポップさとクールさを表現しました。
Nail
Nail
デニム風ネイルにゴールドを合わせることで、カジュアル過ぎず、大人な雰囲気を演出。
AKZENTZ/シャインオン、GP ブリングオン、UL 096 コバルトブルー C、UL 122 ブルーベル C、UL GP LINE IT ホワイトC ジェルプレイ 、UL GP LINE IT ゴールド ジェルプレイ 、LUXIO/GC 034 ブラッシュ)
衣装

ピアス\41,000/グロッセ
ドレス 参考商品/NAOYUKI TANAKA
※掲載価格は、すべて消費税込みの価格です。

モデル

Ksenia(Donna)

Cover Creator

PHOTO佐々木 俊(SIGNO)
STYLINGYOSHI MIYAMASU(SIGNO)
HAIR&MAKE-UP TAKASHI HOSHI
HAIR&MAKE-UPTAKASHI HOSHI(SIGNO)
1990年よりNYに滞在し、メイクアップアーティストのJim Colaに
師事。2001年日本人で初めてのシニアアーティストとしてM・A・Cに
入社。世界のコレクション、雑誌、舞台、セレブなどを中心に活動。2007年独立。その後2013年、SIGNOに所属。
ヘアサポート:川村 綾子
NAIL 中西順子
NAIL中西 順子(Blance)
Blanceオーナーネイリスト。アクセンツサーティファイドエデュケーター&LUCU♥GELイグザミナーとして「アクセンツ」と「LUCU♥GEL」の普及活動を行うほか、NPO法人日本ネイリスト協会本部認定講師、トータルビューティスクール非常勤講師として活動中。

バックナンバー一覧へ

PAGE TOP