ページ内移動リンク

ホームへ戻る

HOT NEWS

全理連中央講師会が「春期研修会」を開催

全理連中央講師会(飛田英雄会長、白川丈晴幹事長)は2020年2月25日(火)、都ホテル京都八条(京都府・京都市)において、令和元年度「春期研修会」を開催した。研修会の冒頭、飛田英雄会長、白川丈晴幹事長、河合靖臣顧問(中央理美容専門学校校長)が挨拶し、飛田英雄会長は「感染症問題が広がるなか開催について熟慮した。正副幹事長と協議し、できる限り予防に気をつけ開催することを決めたので、研鑽に努めてほしい。また、オリンピック選手村ボランティアを募集しているが、皆さんのレガシーとして、ぜひ参加してほしい」。白川丈晴幹事長は「今回講師は生け花の先生だが、一流の本物をみることが我々講師の感性を磨く上で大事なこと。充実した研修となるよう協力してほしい」と述べた。

研修会は3部制で行われ、第1部では全国大会種目の研究を行うコンテストミッションと、トレンド研究室からNEXTの発表、第2部では華道「未生流笹岡」家元の笹岡隆甫氏による講演「いけばな〜2020それ以降に向けて〜」があった。第3部では、エステティック部会が「ウィルス対策、消毒方法」というタイムリーな発表を行い、「お客様が来店時に着けてきたマスクはジップ式の袋で保管をすると安心していただける」、「来店時にスタッフがお客様一人ひとりの手にアルコールスプレーをする」、「『当店は衛生管理を徹底しております』などのポップを作成する」等、具体的な事例が示された。

また、歯科業界や飲食業界ではグローブ着用が当たり前になっている状況を鑑みて、理容業界にもグローブ着用を定着させて、手荒れによる離職防止、衛生管理の向上につなげていきたいと提案があった。

PAGE TOP